外観がおしゃれな家にする?内装をおしゃれにしてみる?


おしゃれな外壁で他の家との違いを出す

新興住宅地では同じようなタイプの住宅が並んでいて、新しくていいものの個々の家ごとの個性はあまり感じられません。一方既にある住宅地で土地を見つけて家を建てるのであれば、新興住宅地ほど同じようなタイプの住宅が並んでいるわけではなく、新築が建てられればそれなりに目立つでしょう。ただ時代の流行りもあるのでどうしてもどこかで見た雰囲気の家になりがちです。そこで家造りにおいては外壁を工夫して他の家との違いを演出してみましょう。色違いのタイルを組み合わせた外壁なら洋風な外観にできますし、白や黒などを使うとモダンな仕上がりになります。おしゃれな壁にするのであればそれに合わせた屋根や玄関などにすればより統一感を出せるでしょう。

内装を統一するか部屋ごとに変えるか

集合住宅の中には内装を統一しているところもあれば部屋ごとに個性の違う内装にしているところもあります。一戸建てを建てるときは自由に内装を決められるので、オーソドックスに色合いを統一させてもいいですし部屋によって少しずつ変化を持たせてもいいでしょう。玄関やリビングはお客さんが来るのを想定してあまり変化を持たせないようにし、夫婦の寝室や子供部屋その他水回りはお気に入りの色で内装を飾ってみると良いかも知れません。夫婦の寝室は落ち着いたブルー系にしてみたり、子供部屋や明るい暖色系の色を使ったりがあります。部屋の色合いは照明によっても変わるので、それぞれの部屋の色に合わせた照明器具や位置を考える必要があるでしょう。

3000万の家と考えると、平均的なグレードの広さで家を建てられる金額になります。すべての希望を叶えるのは厳しいかもしれませんが、自分の好きなデザインや間取りなどを導入することは可能です。